自動車エンジンの仕組み

可変バルブタイミングおまけ

今回は可変バルブタイミング機構の呼び方を紹介したいと思います。

実は呼び方が自動車メーカーごとに違うんですねー。

可変バルブタイミングといえば、
まずはホンダです。

VTEC 「Variable Valve Timing & Lift Electronic Control System」
日本語名 可変バルブタイミング・リフト機構。

ちなみに最近はi-VTECになっています。VTECと何が違うのかというと、
i-VTECはVTECとVTCが合わさったものです。

・VTECとは、
高回転用と低回転用のカムをエンジン回転数に応じて切り換える機構

・VTC 「Variable Timing Control」とは、
吸気バルブの開閉タイミングをエンジンの回転数・負荷に応じて連続的に
変えられる機構

VTECはカム自体を切り換えるのに対し、VTCはカムシャフトを回転させて
カム山の位置をずらすことで、吸気バルブとカム山の接触タイミングを連
続的に変えることができます。

では、どんどん行きますよ。

三菱
MIVEC 「Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system」
日本語名 三菱自動車可変バルブタイミング機構

トヨタ
VVT-i 「Variable Valve Timing-intelligent system」
日本語名 連続可変バルブタイミング機構

日産
NVCS 「Nissan Valve timing Control System」
日本語名 可変バルブタイミングコントロールシステム

マツダ
S-VT 「Sequential Valve Timing」
日本語名 連続位相可変バルブタイミング機構

スバル
AVCS 「Active Valve Control System」
日本語名 可変バルブタイミング機構

スズキ
VVT 「Variable Valve Timing」
日本語名 可変バルブタイミング(機構)

ダイハツ
DVVT 「Dynamic Variable Valve Timing」
日本語名 連続可変バルブタイミング機構

各メーカーによって、名前の付け方に特徴がありそうです。
特に、三菱は「Mitsubishi Innovative…」という名前の付け方に、この技術に
対する熱い思いのようなものを感じます。
なぜって、「Mitsubishi Innovative…」って直訳すると「三菱の革新的な…」
という意味ですからね。熱いです。

ホンダと三菱だけ、メーカーサイトに可変バルブタイミング機構の技術的な説明
が詳しく載っていました。

可変バルブタイミング前のページ

ガソリン次のページ

関連記事

  1. 自動車エンジンの仕組み

    軽油

    軽油はディーゼル車の燃料です。ディーゼルエンジンは圧縮した空気に軽…

  2. 自動車エンジンの仕組み

    ノッキング(ガソリンエンジン)

    ガソリンエンジンのノッキングにスポットを当てます。まずは、ガソ…

  3. 自動車エンジンの仕組み

    エンジンの排出ガス

    排出ガスは、燃料が燃えた後にエンジンから排出される物質です。エ…

  4. 自動車エンジンの仕組み

    スーパーチャージャー

    スーパーチャージャーは過給機の一種です。「過給機」でちょっと説…

  5. 自動車エンジンの仕組み

    尿素SCRシステム

    尿素SCRシステムはエンジンの排出ガス成分のうち窒素酸化物(NOx)を…

  6. 自動車エンジンの仕組み

    コモンレール

    「コモンレール」は、ディーゼルエンジンの燃料噴射装置で、「レールと呼ば…

  1. 自動車エンジンの仕組み

    直噴エンジンその1
  2. 自動車エンジンの仕組み

    過給機
  3. 自動車エンジンの仕組み

    エアフローセンサ
  4. 自動車エンジンの仕組み

    スーパーチャージャー
  5. 自動車エンジンの仕組み

    排出ガス(ディーゼルエンジン)
PAGE TOP